これからママになるための健口づくり

☆妊娠中に気を付けたいこと

妊娠すると、歯ぐきが腫れたり

出血したり、むし歯ができることがあります

これは

卵胞ホルモンや胎盤ホルモンを栄養源とする

歯周病菌が存在することや

つわりで生活習慣が乱れたり

ブラッシングがしづらくなることから

歯肉炎やむし歯が起こりやすくなるのです。

妊婦さんが歯周病になると

おなかの赤ちゃんが

小さく生まれたり、早産となるリスクが

高まることが知られています。

歯周病を防ぐには

歯みがきなどのセルフケアに加え

歯科医師や歯科衛生士など

専門家のサポートも欠かせません。

定期的に検診を受けておくと

歯ぐきのちょっとした変化にも

気づいてもらいやすくなります。

自分自身のためだけでなく

生まれてくる赤ちゃんのためにも

お口の状態に気をつけましょう。

当院でも妊産婦検診を受け付けております☆
積極的に受けて、ママや赤ちゃんの健口を守りましょう(^^)



Comments are closed.