子供の口臭について

歯磨きをやっているのに口臭がする…と最近よく親御さんから子供の口臭についての相談があります。

口臭の原因は様々で、
①口呼吸
②鼻炎、アレルギー
③虫歯、歯磨き不良
④舌のよごれ
⑤ストレスなど…

口呼吸について
特に幼児は上手く鼻で呼吸ができず口呼吸をしていることがあります。
口呼吸をすると口が開いたままになり、口の中が乾燥し唾液が減り、自浄性の低下が起き、口の中の細菌が増え口臭となります。

◇対策◆
口の乾燥を防ぐためガムをかむ
(糖分の含まれていないものキシリトールなど)
お水をこまめにとるなどで口の乾燥を防ぎましょう。

虫歯、歯磨き不良について
虫歯は菌なので独特な臭いを発生させます。
歯磨き不良では、歯垢・歯石(細菌の塊)がたまり口臭の原因となります。
◆対策◇
歯科での治療
予防処置を受ける(歯磨き指導)

舌のよごれ
幼児の舌は粘膜が弱いのでゴシゴシとするのは傷つけてしまうので、ガーゼかスポンジ綿棒などでやさしくとってあげましょう。

原因、対策は様々ですが口臭を防ぐためにはまず、お口の中を清潔に保つことを心がけてみましょう。



Comments are closed.